トップページ 男性の掲示板登録・パスワード発行・再発行・登録の削除 出会い掲示板の使用方法と注意事項 女性の掲示板登録・パスワード発行・再発行・登録の削除 管理人からのお知らせ プレゼントのお知らせ 出会い掲示板に関するよくある質問 男性の入会案内

◆出会いサイトを利用した事件◆

出会い系利用し援助交際 <ぼったくり>出会い系利用し、援助交際エサに客誘う [2002年11月8日]

警視庁保安課などは8日、援助交際の待ち合わせ場所として会員制バーに誘い込み、高額の飲食代を取り立てたなどとして、東京都新宿区富久町、飲食店経営、大橋研容疑者(37)ら10人を詐欺と都ぼったくり防止条例違反などの疑いで逮捕した、と発表した。
大橋容疑者は横浜、仙台、名古屋、大阪など全国で計11店舗を経営し、年間約6億円を売り上げていたといい、「こんなにもうかる商売はなかった」と容疑を認めているという。
 調べでは、大橋容疑者らは、「おとり役」に14歳から18歳の家出少女らを雇い、出会い系サイトに援助交際相手募集のメールを掲載。4〜6月、渋谷区宇田川町のバー「cps」近くに呼び出した世田谷区の電気工の男性(45)ら2人に「援助交際の出会いの場になる」などと持ち掛け、少女と会わせる気がないにもかかわらず、会員費として現金計7万円をだまし取った。
同様に店内に誘い込んださいたま市の男性会社員(22)を脅してウーロン茶代などとして約13万円を取り立てた疑い。     【竹中拓実】(毎日新聞)
ソース元: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021108-00001074-mai-soci

ページトップへ▲


出会いサイト買春 茨城・真壁町教委主幹を逮捕=17歳少女を買春 [2002年11月14日]

出会い系サイトで知り合った17歳の予備校生に現金を払ってわいせつな行為をしたとして、警視庁池袋署などは14日、児童買春・ポルノ処罰法違反の疑いで、茨城県真壁町椎尾、同町教育委員会の社会教育課社会体育係主幹吉原昌一容疑者(43)を逮捕した。
 調べによると、吉原容疑者は今年4月下旬、東京都新宿区のホテルで、携帯電話で知り合った17歳の予備校生の少女に現金5万円を払い、わいせつな行為をした疑い。同容疑者は独身で、「恋人と別れたため、少女買春をしてしまった」などと話しているという。    (時事通信)
ソース元: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021114-00000076-jij-soci

ページトップへ▲


出会いサイト売春 中2少女に売春、2人逮捕=出会い系サイトでクラブ経営 [2002年11月15日]

携帯電話の出会い系サイトを利用した売春クラブを経営し、中学2年の少女(13)に売春させたとして、警視庁新宿署は15日までに、児童福祉法違反などの疑いで、住所不定、無職千葉真治容疑者(44)と千葉県船橋市の私立女子大1年生(19)を逮捕した。    (時事通信)
ソース元: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021115-00000349-jij-soci

ページトップへ▲


児童買春、児童ポルノ禁止法違反 女子中高生の被害急増−出会い系サイトで買春 / 新潟 [2002年11月27日]

◇「大人も子供に注意を」−−県警が警鐘
 女子高生や女子中学生が被害者になる児童買春は、携帯電話やパソコンを利用した出会い系サイトの浸透で、急増している。
出会い系サイトで知り合った女子に買春の相手をさせ、自分の収入などにしていた個人によるあっせん事件が三条署に摘発された。
県警少年課によれば、児童買春あっせんは組織によるものがほとんどで、個人によるあっせんはまれだという。
 同署は10月31日、燕市白山町、アルバイト、遠藤大介容疑者(21)を、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(あっせん)容疑で、逮捕(家裁に既に起訴)した。遠藤容疑者を中心にした出会い系サイトによる児童買春、県青少年健全育成条例違反事件は、今月26日で逮捕者が遠藤容疑者を含め8人となった。

 同署などの調べによると、遠藤容疑者は今年4月、路上で車から声を掛けた三条市内の県立高校1年の女子から、その日の内に携帯電話の番号を聞き出し、連絡をとるようになった。遠藤容疑者が女子になりすまして携帯電話の出会い系サイトを利用し、男性らと連絡を取り合い、出会う場所や時間を設定して、女子を向かわせていた容疑。
 遠藤容疑者は、女子に対し、買春相手の男性に約3万円を要求するようにし向けた。そして、受け取ったうち約2万5000円を自ら受け取り、残る約5000円を11月10日に児童買春容疑で逮捕(同20日に不起訴処分)された三条市内の暴力団組員の男性(29)に渡したとみられる。
 同課によると、10月末までに出会い系サイトを利用した児童買春容疑や同条例違反容疑で逮捕・送検した容疑者は16人(前年同期16人)で、被害者は29人(同8人)。ナンパなど他の手口も含めた県内の児童買春、同条例違反の被害者は69人(同37人)で、そのうち、中学生が25人(同14人)、高校生は36人(同21人)、その他は8人(同2人)とそれぞれ急増している。
 同課は「安易に携帯電話を利用すると、とんでもないことに巻き込まれる。
大人も子供に対し注意を促してほしいし、子供自身が危険を認識してほしい」と警鐘している。     【柴田真理子】

 ◇一連の県青少年健全育成条例違反や児童買春・ポルノ法禁止違反◇
     発表        事件         容疑者
10月28日  8月上旬  長岡市の会社役員(32)
10月28日  8月上旬  加茂市の店員(24)
11月 6日  8月上旬  柿崎町の会社員(31)
11月12日  7月上旬  燕市の作業員(22)
11月19日  6月下旬  三条市の無職(25)
11月26日  8月上旬  燕市の無職(22)
※あっせん容疑で逮捕・送検の容疑者を除く(毎日新聞)
ソース元: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021115-00000349-jij-soci

ページトップへ▲


出会いサイト情報料 架空のアダルト番組利用料をメールで携帯に請求 [2002年11月27日]

◇「出会い系」利用者狙う
 京都府警生活環境課と舞鶴東署などは26日、メールで携帯電話に架空のアダルト番組利用料金を請求してだまし取ったとして、愛知県豊川市為当町、無職、杉浦宏明容疑者(43)ら3人を詐欺容疑で逮捕した。出会い系サイトに実際にアクセスしてきた男性を狙っているため、これまで頻発していたはがきによる架空請求よりも詐取できる確率の高い新しい手口。被害は全国で約3000人、9000万円に上るとみられ、この手口での逮捕は全国で初めて。
 他に逮捕されたのは同市東曙町、無職、横井幹人(25)と同県御津町、同、呉林康晴(28)両容疑者。

 調べによると、3容疑者は北区の男子大学生(19)の携帯電話に「利用代金が振り込まれていません」などとメールを送り、利用料などを請求。今年8月9日、指定した銀行口座に現金3万600円を振り込ませた疑い。
 杉浦容疑者らは4月ごろから、若い女性を装って無料の出会い系サイトに交際や友人募集などの名目でメールアドレスを掲載。アクセスしてきた男性たちのアドレスに料金請求メールを打ち返していたという。
 携帯電話のメールははがきと比べ送信料金が割安なうえ、印刷などの手間も省ける。さらに、「これ以上遅延の方は自宅や勤務先に15万円くらい請求に行く」などの文言も使っており、家族らに出会い系サイトを利用したことが発覚するトラブルを恐れ、被害者は支払いに応じていたらしい。
    【青木勝彦】(毎日新聞)
ソース元: http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20021127-00000005-mai-l26

ページトップへ▲





Copyright (c) 1999-2003 ラヴラヴメールでツーショットAll Rights Reserved